失恋相手別れさせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 失恋相手別れさせ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
失恋相手別れさせ愛ダホフェアー

別れた人が忘れられずに復縁をするケース

sample01

別れさせ屋に依頼をする理由はさまざまですが、その1つに失恋したのだが、別れた相手が忘れられないというケースがあります。つまり、さまざまな理由で恋愛関係や結婚関係が終わったにもかかわらず、相手のことが忘れられず、その相手の現在の結婚関係、あるいは恋愛関係を終わらせようというのです。これだけ聴くとなんだかとんでもないことをするような感じがします。うまくいっている相手の恋愛関係や結婚関係を故意に裂くなんて、ひどい感じがしますよね。ただ、依頼主は当然ながらそんな風には思っていません。「彼(彼女)は自分と別れたけれど、本当はまた一緒になることを願っている。その復縁を妨害している相手はひどいやつだから、別れさせて当然」と思っているのです。逆にいえば、そこまでの確信がないと業者を雇ってまで、あるいは数百万円のお金をつぎ込んでまで、復縁を迫ろうとはしないでしょう。

復縁の失敗は許されない!信頼できる業者に依頼を

sample01

さて、そうした状況が偶然に生じるならよいのですが、ここでお話するのは、故意に工作をするということが自然なのか、相手がどこか不自然と気づいてばれてしまって、このすべてがムダになるだけでなく、好きだった相手やそのパートナーからも恨まれたりしないかということです。大人の問題ですから、感情面のもつれはそれだけでは終わらないのが普通です。それは当然損害賠償などのお金の問題に発展します。そんなことにでもなったら元も子もありません。ですから、もし業者に頼むなら、成功率の高い業者を探すことが必須です。中には、依頼者の感情につけこんで、ほとんど詐欺まがいのようなことをする業者もいますから、注意が必要です。

冷静さを失わず成功のイメージを持つ

sample01

重要なのは、依頼を決める段階で費用面のことも含め、いくつかの業者を比較することです。感情的になって焦って探すのは危険です。業者の言うままに次々とお金を振り込んだ挙げ句、最後に「すみません。これ以上続けると疑われる可能性があるので、工作はここまでにします」と言って、何の結果も残さずに仕事を諦めてしまう別れさせ屋もいます。膨大なコストとエネルギーをかけるからには確かな業者を選びたいものです。