結婚したい相手がいても……

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚したい相手がいても……
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚したい相手がいても……愛ダホフェアー

最近、ニュースや雑誌において「別れさせ屋」という業務の名称を耳にした方もいるのではないでしょうか。ただ、彼らの業務は「別れさせるだけ」ではありません。当然、その後のことまで考えたプラン作りをしていきます。仮に結婚したい相手がいる場合、そこを見据えたプラン作りが大事になってきます。

ですが、日本の法律では重婚が禁じられています。ましてや不倫関係を続けるとなると、民法上の不法行為に該当し、慰謝料や損害賠償を請求されてしまう可能性があります。そうしたリスクを避けるためにも、穏便に今の相手と別れ、意中の人と結ばれるというハッピーな展開に向けて知恵を絞っていくことになります。

では、どのようにすれば、そうした理想的な展開に持ち込むことができるでしょうか。そのためにはまず、綿密な打ち合わせが必要です。「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、しっかりとした準備は何においても重要です。準備さえ怠らなければ、たとえ不測の事態が生じても、すぐに修正を図ることができます。

ですが、準備を怠ってしまうと、実際に工作活動が始まった後で、「こんなはずでは……」という展開が待ち受けていることになります。それは、ぜひとも避けたいですよね。やはり、考えられるリスクに対しては、最大限の備えをしておきましょう。そのためにも、業者の選定の際は、必ず、診断を行ってくれるかどうかをチェックしてください。

診断を行っていない業者への依頼は、とても危険です。そして、工作活動が始まってからも情報を交換し合うことが大事です。現在、パートナーとはどのような状態にあるのか、工作活動はどこまで進んでいるのかなどをこまめにチェックしあいましょう。この作業を行うことにより、双方の間に生じる「ズレ」を最小限に抑えることができます。

また、後の縁結びにおいても、必ずや力を発揮してくれることになります。輝かしい未来の実現のためには、とにかく情報を明かしていくということが必要なのです。それを怠らない方は、別れさせ屋を上手く活用し、理想的な人生を歩むことができます。人生は一度きりです。結婚したい相手がいるのならば、今すぐにでも行動を始めましょう。待っている暇はありません。