『不倫しているパートナーと別れたい!どう依頼する』

世の中には、自分は不倫しているのにパートナーとは別れたくないという自分勝手な欲求を抱えている方も多くいらっしゃいます。
不倫を許せない方にとっては、そんなパートナーは願い下げですよね!ところが、なかなか別れることに承諾をしてくれない。そんな時には、別れさせ屋に依頼してみましょう。

■別れたい意思を強く持ってパートナーと関わる

「不倫をしているパートナーとの結婚生活に終止符を打ちたい。」
そう思うのは当然な気持ちですよね。ところが、相手が「別れるのは絶対に嫌だ」とかたくなになっているとしたら、まずはパートナーから別れたいと思ってくれる方法を考えてみましょう。
どうして別れに応じてくれないのでしょうか?
執着心だけなのか、慰謝料を払いたくないのか?または、世間体や会社の立場上離婚しにくいのでしょうか。
パートナーさんが別れに応じてくれない最大の理由は、家のことをやってくれる人がいなくなるから?別れることでパートナーさんが失うものを、考えてみてください。
その答えを明確にしたら、別れさせ屋に相談してみましょう。

■別れさせ屋はどう対策してくれるの?

不倫が発覚し、別れたいのに相手が応じてくれないとき、別れさせ屋はどうやって対応してくれるのでしょうか?
まずは、パートナーの住所、職場、性格、普段の素行、恋愛観、価値観などを調べていきます。普段の素行で工作員が接触しやすい状況があれば、そこから接触することも。
接触場所は、仕事の帰りやスポーツクラブ、よく行くカフェなど。
そして性格から、どうやってトラップを仕掛ければ、効果的なのかを考えていきます。
そこからパートナーさんにアプローチをしていきます。
協議離婚に持ち込めれば一番良いので、その流れに持ち込めるよう別れさせ屋は最大限の努力をしてくれるかと思います。
不倫をしているのに別れを承諾してくれないパートナーは、自己中心的な考え方が当たり前になっている難しいケースですので、一人で悩まず相談しましょう!