交際相手と別れたい時に別れさせ屋を利用するケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 交際相手と別れたい時に別れさせ屋を利用するケース
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
交際相手と別れたい時に別れさせ屋を利用するケース愛ダホフェアー

交際しているカップルの場合、一般的にはいずれか一方が別れを告げることで成立しますが、そう簡単に別れられないこともあります。
別れさせ屋には、そういった方からの依頼も少なからずあるようです。
それではどういった相談が多く、また別れさせ屋はどのような工作を用いて別れさせるのでしょうか。

●交際相手と別れたい人の相談内容
交際している相手と別れられない人の悩みで代表的なものをいくつか調べてみました。
ひとつめは、DVやモラルハラスメントが怖くて別れられないというもの。
DVには物理的な暴力もありますが、最近ではデートDVという精神的、経済的暴力も含まれます。例えば、自分以外の異性との接触を厳しく制限する、連絡をすぐに返さないと怒る、といったものや、デート代を全て払わされる、といったものがあります。
精神的に窮地に追い込まれ、なかなか別れられない方もいるようです。
また、別れた後のストーカー行為をやめさせたいといった相談もあります。
別れを告げたにも関わらず、しつこく付きまとわれたり、家の場所を知られている分、押しかけられたり、時には命の危険につながることもあります。
さらに、リベンジポルノで脅されているというケースもあるようです。
いずれの悩みも、相談者の精神的苦痛は計り知れないものです。

●どのように別れさせるか
このようなケースの場合、別れさせ屋が使う工作というのは、「相手の気持を変えさせる」というものです。人の気持を変えるということは容易なことではないと推測できますが、別れさせ屋は様々なテクニックを用いてそれを遂行します。
例えば、別れてくれない相手の興味を別の対象者(異性の工作員)に移したり、仲良くなった男性工作員を使って、スマホや自宅のPCに保存されていた画像を削除していることを確認するなどして、相談者との繋がりを徐々になくしていくようです。

●まとめ
交際相手と別れたいと考えている方は、別れさせ屋を検討してみて下さい。
別れさせ屋は相談者に負担がかからないよう、配慮して任務を遂行しますので、安心して相談してみてくださいね。