結婚している人に対して別れさせ屋が動くケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚している人に対して別れさせ屋が動くケース
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚している人に対して別れさせ屋が動くケース愛ダホフェアー

様々な立場の方からの依頼を受けてる別れさせ屋。
本コラムでは、結婚している人を別れさせる依頼について、別れさせ屋がどのような判断基準で依頼を受け、どのような方法で別れさせるのかをご紹介したいと思います。

●不倫相手からの依頼内容
愛人からの別れさせ屋への依頼内容というのは、付き合っている男性が結婚しているが、離婚させて自分と結婚して欲しいという内容のものが多いようです。
つまり、不倫関係を終わらせて、正妻となりたいという願いが込められた依頼ですね。
長い間、愛人として生活してきた依頼者としては、切実な思いで依頼されているのでしょう。
しかし、こういった依頼については、別れさせ屋はある判断基準を元に、依頼を受ける/受けないを決定しているようです。

●別れさせ屋の判断基準
端的に、公序良俗に反しないかどうか、という点で別れさせ屋は判断します。
例えば、不倫相手の夫婦関係が破綻しており、当人も離婚する意思のある場合や、子どものいない家庭などであれば、依頼を受けてもらえる可能性は高くなります。
反対に、不倫相手の家庭がうまくいっている場合や、愛人が一方的に復讐をしたいという場合には、ほとんどの場合、断られてしまうようです。
公序良俗に反するということは、違法となる可能性があるため、きちんとした業者であれば対応したくないと思っています。

●どのような方法で別れさせるのか
それでは依頼を受けてもらえる場合、別れさせ屋はどのような工作を行うのでしょうか。
婚姻関係にある夫婦を別れさせる方法はあるようですが、ないなか容易ではないようです。
まずは、夫婦関係が破綻しているにも関わらず、婚姻関係を続けている理由は何か、徹底的に調べる必要があります。
例えば、経済的な問題であったり、親権問題であったり、慰謝料の問題であったり…それらを全て打ち砕くことができれば離婚に話が進みます。
しかし、かなり時間と根気が必要な作業のようです。

●まとめ
結婚している夫婦を離婚させることは可能ではありますが、複雑な問題が絡むということが分かりました。
しかし愛人の立場からすると、なかなか諦めがつかない思いもありますよね。
そんなときにも別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。相談のプロから客観的なアドバイスをもらえるでしょう。