別れさせ屋を利用して離婚したいとき

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋を利用して離婚したいとき
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋を利用して離婚したいとき愛ダホフェアー

自分が離婚したいケース

別れさせ屋は特定の相手を誰かと別れさせる時に使用します。もし依頼者が独身で恋人と別れたいというような場合は相手に別れを告げれば良いことでしょう。ですが依頼者が既婚者で、夫が妻と別れたいと思う場合はそう簡単にはいきません。法的な手続きや経済面での問題があるためです。そういうわけで、自身が離婚したいというときに別れさせ屋を頼る人も少なくないのです。
未婚者でも別れをこじらせてしまう時があります。恋人に別れを告げたのだけれど、相手がどうしても納得しなくてこじれてしまったという場合です。昨今はリベンジポルノや悪質なストーカー行為など、相手からの復讐も看過できない問題になっています。
結婚はしていなくても、婚約をして相手の両親に挨拶を済ませてしまった場合も別れ難いものです。結婚したくないという気持ちを抑えたまま結婚するのも相手にとって失礼ですから、婚約している人も別れさせ屋を利用することがあります。

メリットとデメリットは?

別れさせ屋を使って離婚をしようと思ったら、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まずメリットは、状況にもよりますが、通常の離婚工作よりも難易度が下がることです。依頼者が別れたがっているのでもう一人の方だけに工作すればよいという点で工作の手間が減ります。夫婦のどちらかが依頼者であれば相手のことは知り尽くしているはずです。行動パターンや好みのタイプ、趣味、勤め先、用心深いか用心深くないかまで細かく分かります。別れさせ屋に報告すればターゲットの情報が筒抜けになりますので、通常の相談よりも難易度は下がるのです。
デメリットは、依頼者が身近にいすぎることです。例えば夫がこそこそと出かける素振りを見せたら心配しない妻はあまりないでしょう。逆に尾行されて別れさせ屋とコンタクトを取っているところが見つかったりします。 別れさせ工作には依頼者の協力が必要になる場合もありますが、依頼者が別れたがっている場合、変に協力してきたこともあります。するとそこから画質がついてしまうので、注意が必要です。