別れさせ屋で結婚している人をターゲットにする場合気をつけたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋で結婚している人をターゲットにする場合気をつけたいこと
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋で結婚している人をターゲットにする場合気をつけたいこと愛ダホフェアー

社会的妥当性はあるか?

不倫の多くは成功しにくいと言われています。不倫のゴールは家庭を持った相手がすでにいる家族と別れて不倫相手と結婚することです。未婚女性と既婚男性の場合が多いです。別れさせ屋に結婚している人を別れさせたい場合、気をつけるべきことがあります。
それは社会的妥当性です。既に結婚している人を別れさせる場合、その家庭が円満な生活を送っているようであれば怨恨による工作と判断されやすいです。もし依頼者が相手の妻や家庭を捨てさせたいと思っているのではなく、ただ単に気に入らない上司夫婦を離婚させて困らせてやりたい、というような動機の場合は社会的妥当性があるとは言えません。
そういった場合は別れさせ屋に依頼を断られることが多いでしょう。
依頼者が愛人で、既婚者を別れさせたい場合は一方的な望みでないかどうかが重要です。愛人の方だけが離婚を望んでいる場合、不倫相手には離婚の意思がありません。それに反して別れさせ工作を依頼するようであれば、怨恨による別れさせ工作と変わりありません。その場合も別れさせ屋の方から依頼を断られてしまうといった事態になりがちです。

まずは相談を

ある夫婦を離婚させる場合、魅力的な工作員を送り込んで不倫を成立させ、依頼者側がそれを訴えるという形で進行するのが多くの方法です。しかし、結婚している相手を別れさせる工作は必ずしも相手の不倫を誘発するものとは限りません。結婚生活には経済的な事情も関わるため、相手の浮気を知っていながらも夫婦生活を続けていくという選択をする人が少なくありません。
それでも別れたいとターゲットに思わせるためには、確実に相手にダメージを与える方法を考慮する必要があります。ターゲットの性格によっても工作方法は変わります。結婚してる人を別れさせる時の手段は必ずしも浮気させるばかりではないので覚えておくと良いでしょう。
結婚している人を別れさせたいという依頼に社会的妥当性があるかどうかは自分で判断するのが難しい問題です。恋愛をしている最中は何も見えなくなってしまいがちですし、苦しんでいるときは判断力が落ちます。客観的になるためにも、一度別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。