分割払いで別れさせ屋の費用を支払うリスクと問題点について

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 分割払いで別れさせ屋の費用を支払うリスクと問題点について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
分割払いで別れさせ屋の費用を支払うリスクと問題点について愛ダホフェアー

別れさせ屋への費用の支払い方法について

人によって想像や想定の範囲は違っていることと思いますが、別れさせ屋に依頼する費用というのは高額です。大体、100万円単位の費用が必要となるほどです。もちろん、依頼内容や状況に起因する別れさせ工作の難易度や工作内容、回数によっては100万円以下で完了する場合もありますが、それはケースバイケースなので、100万円単位の費用が発生するものだ、と考えておく方がいいかと思います。であれば、それほどの額の費用がかかるものですから、それだけのお金を用意できない、と思う方々も多くいるはずで、そういった場合は分割払いで対応してくれないだろうか……などのように考えがちです。別れさせ屋によっては、自社ローンなどを用意して、工作費用を分割払いで対応してくれているところがあるようです。ですが、少し注意点を提起させてください。

一見、便利な分割払い……だけど

一般的に考えて、買い物やサービスの利用において、金利や手数料といった上乗せ分はあるものの、その支払いを分割することで毎月の金銭的な負担を軽減できる分割払いは便利ですし、その支払い方法が可能ならば助かるものでもあるでしょう。ですが、こと別れさせ屋での支払い方法としては、問題を生む可能性があります。その問題が、「バレるリスクを高めてしまう」ことです。別れさせ工作は平均で見ると、大体3ヶ月〜6ヶ月程度を要し、これまた状況などによっては長くなるケースもありますが、ほとんどはこれくらいの日数を使います。仮に別れさせ工作が3ヶ月で完了し、その結果が成功に終わったとしても、そこで60回の分割払いにしたとしたらどうなるでしょうか。毎月その費用を支払っていく中で、ボーナスが年2回あることを踏まえ、単純に年14回支払っていくと考えても、4年半ほどは支払い続けることになるわけです。それは、別れさせ工作が成功し、相手を別れさせた後もその分割払いの残り期間、別れさせ屋との関係を切れないことと等しいですよね。そうなれば、どこかのタイミング、何かのはずみにその相手に別れさせ屋に依頼していたことがバレてしまう危険があることは言うまでもないことです。当然、その相手以外であっても、依頼していたことを知られたくない人というのはいるはずですよね。確かに、支払う負担としては軽減できるかも知れませんが、別れさせ屋の費用の支払い方法として、分割払いにはこのような大きなリスクを伴っているものなのは、こうした業者に依頼を考えているのであれば知っておいて欲しいのです。