別れさせ屋に依頼して、正式な交際関係になりたい、という思いと現実

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋に依頼して、正式な交際関係になりたい、という思いと現実
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋に依頼して、正式な交際関係になりたい、という思いと現実愛ダホフェアー

正式な交際のために

別れさせ屋への相談の中には、不倫としての関係ではなく、正式な交際関係となりたいがために、結婚している相手を別れさせたい、といった内容のものも多くあります。当人からすれば、出会うタイミングが遅かっただけで、もっと早くに出会えればちゃんとした交際関係を築けたのに……と考えるものですし、その一方で今現在の不倫関係への負い目と、でも別れたくない想いとの葛藤から悩み苦しみ、別れさせ屋に相談を持ちかける流れが多いようです。気持ちの面では恋愛感情かもしれませんが、社会的に見れば不倫とは許されざる関係です。法律的に言えば、婚姻関係にある人との交際は禁止事項であり、決して認められるものでもありません。だからこそ、想いと現実との葛藤を抱いて苦しんでしまうんですね。

別れさせ屋が実際に考えるポイント

そうした正式に交際するために、不倫関係にある方を別れさせる上で、どういったポイントを別れさせ屋が考えるか、です。その方の「年齢や婚姻年数」も参考になるポイントです。長い年数一緒にいれば、相手の性格など理解している部分が多くなっていますから、そう簡単に離婚という選択を取らないことも考えられますから。そしてかなり重要なポイントが、「子供の有無や年齢」です。その方の子供がまだ小さかった場合、常に子供と一緒にいる可能性が高く、そういう場合に例えば異性の工作員を近づける方法を取ったとしても警戒されてしまうはずです。ですから、適したやり方やシチュエーションを選択するのに、この観点が注意するべき点であるのです。もちろん「実際の夫婦仲」も考えなければいけません。もし、夫婦円満であるなら、別れる要素というものはなく、可能性としてゼロなものです。別れさせ屋の工作は、夫婦の間に何も問題がなければ成功はあり得ないものだからです。とは言え、「不倫の事実をパートナーが知っているか」にもよります。例えば、パートナーが不倫の事実を知らないということは、夫婦関係に何かしらの確執があることが考えられます。一方で、事実を知られている場合は、その対象となる方から離婚を訴えるのは難しいことでもありますし、知られていなくとも離婚をする理由がなければ、話は進まないものでもあります。

離婚するのもさせるのも大変

最後に挙げた点は矛盾しているようにも、ややこしい表現であるようにも見えるかもしれませんが、それが離婚というものであり、離婚することは、結婚することよりもよほど大変な作業なのです。このポイントをご覧になれば分かる通り、交際関係に持ち込みたい方からすれば、浮気をしているんだから離婚に運べるだろう、と思いがちですが、基本的にそこはイコールで結べないものでもあるわけです。