『別れさせ屋に離婚工作を依頼する時』

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『別れさせ屋に離婚工作を依頼する時』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『別れさせ屋に離婚工作を依頼する時』愛ダホフェアー

生涯を共にすると誓ったパートナーとの別れを決断することは、かなりのエネルギーを消耗し、心身に大きなダメージを与えます。できることならそのような決断をする状況にならない方が良いのですが、幸せな人生を歩むためには離婚という選択をするのも1つの方法かもしれません。
お互いが合意していて離婚に前向きであれば、スムーズに離婚ができますが、パートナーが断固拒否をすれば離婚は成立しません。
いくら説得しても離婚に応じてくれない相手と、きれいに別れるにはどうすれば良いのでしょうか。

■相手に離婚原因がない場合

相手に、明らかに離婚の原因となり得る落ち度や過失がある場合は、離婚は比較的容易にできますが、ほかに好きな人ができた、愛情が冷めてしまったなど、自分の方だけに離婚理由がある場合は、とうてい受け入れてもらえるはずがありません。
何らかの理由で「離婚」という文字が頭にちらつき始めると、気持ちはどんどんその方向に向かっていきます。そしていつの間にか離婚のことしか考えられなくなると、パートナーに離婚話を切り出したくなります。
しかし相手に何の落ち度もなく自分だけが離婚したいという場合は、ましてや自分に好きな人ができた場合は絶対に秘密にしたいので、相当の覚悟と勇気がないと離婚話を切り出すことはできません。
そのように相手の合意が得られるような明確な離婚原因がない場合に、別れさせ屋に工作を依頼する方が多いようです。

■別れさせ屋の心理的誘導作戦

昔と違って考え方がグローバルになってきた現代は、離婚はいけないものという認識は薄れてきましたが、籍を入れたのなら一生添い遂げるべきだという昔ながらの考えに固執している方が少なくないのも事実です。
愛のない結婚生活を惰性で続けていくのが良いのか、それとも別れた方が幸せになれるのではないか、その根本的な考え方の違いがあるから一方的な離婚話は難しくなります。その考え方を依頼者に有利になるように変えていき、うまく離婚に応じてもらえるように工作をするのが、別れさせ屋の役目になります。
このように相手の心理を、依頼者の意向に沿う方向にうまく誘導して、離婚しやすくするのも別れさせ屋の工作です。

離婚したいが、パートナーの合意を得られない場合は様々な理由があります。もし離婚をしたいと思い始めた時は、相手の立場も尊重してお互いに最良の方法は何かと、何度も悩んで考えて結論を出しましょう。
そして出た結論が離婚であり、切り出すのが難しい時は別れさせ屋にひとまず相談して、アドバイスを受けると良いでしょう。