『依頼者が負担する別れさせ屋の費用にはどんなものがあるの?』

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『依頼者が負担する別れさせ屋の費用にはどんなものがあるの?』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『依頼者が負担する別れさせ屋の費用にはどんなものがあるの?』愛ダホフェアー

「別れさせ屋」に依頼を考えている方にとって、どんな費用を依頼者が負担しなければならないのか気になりますよね。料金体系は業者によって多少の違いはありますが、負担する費用が分かっていれば料金に含まれているかどうか確認することが出来ますので、追加費用が発生するかどうか知ることが出来ます。
そこで、依頼者が負担する費用にはどんなものがあるのか調べてみることにしましょう。

■費用の大半は人件費

「別れさせ屋」に支払う費用の大半は、調査員や工作員の人件費になります。依頼内容の難易度によって、費用が大きく異なって来るのはそのためです。
難しい依頼であれば、それ相応の経験を積んだ調査員や工作員でなければ対応することが出来ません。
少し身近なところで考えてみると分かりますが、美容院で技術の高い美容師を指名した場合と、あまり経験のない美容師を指名した場合では料金がかなり違います。より良い仕上がりやより高い満足度を得るための料金の違いと言えます。
こうしたことを考えれば、「別れさせ屋」の工作員や調査員の費用の違いはごく当たり前のことと言えるのではないでしょうか?

■交通費・工作費など

人件費以外に発生する費用として、ターゲットが遠方に住んでいる場合は、交通費や宿泊費が発生します。
また、工作を行なうための費用も発生して来ます。工作はターゲットの性格や行動パターンによって違って来ます。調査員の調査が終了した時点で工作方法を再考することになります。当初予定していた方法や期間では成功する確率が低い場合は、工作方法の変更や工作期間を延長する必要も出て来る場合があります。
そして、工作を始めて良い成果が出ない場合は、工作方法を再度見直すことになる可能性もあります。その際には契約内容によっては追加で費用が発生することもあります。

業者によって料金体系は異なりますが、費用が雪だるま式に増えてしまうことがないようにしたいものです。業者への依頼を決める前に、着手金に含まれている費用の内訳や、追加費用として発生する費用にどういう費用があるのか書面にて確認しておかれることをお勧めします。