別れさせ屋が交際中のカップルを別れさせる2つのパターン

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋が交際中のカップルを別れさせる2つのパターン
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋が交際中のカップルを別れさせる2つのパターン愛ダホフェアー

別れさせ屋にはやはり交際中のカップルを別れさせてほしいという依頼はよくきます。こういった依頼は、復縁を望む元恋人やどちらかの親など第三者が依頼してくる場合が多いですが、中にはカップルのどちらか一方つまり当事者本人が依頼してくるケースもあります。

■第三者が依頼するパターン

第三者が依頼するパターンでよくみられるのは、思いを寄せている相手に恋人がいる、復縁を望む元恋人には現在交際相手がいる、といった恋愛がらみのもの、自分の子供や兄弟が不適切な交際を続けているので終わらせてほしい、などというものです。前者はよくイメージされる依頼内容でしょうが、よくない相手と付き合っているのに親の口から言っても全くきかない、というような理由から後者の依頼もよくあります。
こういった場合、よく使われる手としては交際相手側の方に工作員を近づけ関係を持たせるという方法です。元カレとその彼女を別れさせたい場合には、彼女の方をターゲットにするという風です。これには、ターゲットは依頼主からより遠い関係にあるほうがバレるリスクが低いからです。
また成功後に、復縁や好きな相手との交際を望んでいる場合、工作員との疑似恋愛関係ができてしまっていると難しくなってしまうという理由もあります。

■当事者が依頼するパターン

恋人との関係に問題がある、他に好きな人ができてしまったという場合に別れさせ屋に依頼するパターンも多々あります。当事者同士の話なのだから依頼するまでもないのでは、と思うかもしれませんが、なかなか言い出せなかったり、相手が了承してくれなかったりということがあるようです。
依頼主の交際相手ということで、情報量も多く、一人のターゲットに集中できるためこのパターンは比較的工作がしやすいといわれています。
先ほどと同じようにターゲットに工作員を近づけ恋愛関係に持ち込みターゲットから別れを切り出してもらえるように動いたり、同性の工作員を近づけ仲良くさせ誘導するという方法も取られたりします。

よくある別れさせ工作の一例をあげましたが、必ずしもこういった工作が行われるとは限りません。相手が別れた後にどういう関係を築きたいかによって、適切な工作というのは変わってくるので、そういった点も明確にしたうえで依頼をすることをオススメします。