別れさせ屋が結婚している人をターゲットにするケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋が結婚している人をターゲットにするケース
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋が結婚している人をターゲットにするケース愛ダホフェアー

愛人関係にある女性が不倫相手の男性と妻を離婚させてるために依頼する、別れさせ屋への依頼といえばこれをイメージする人も多いことでしょう。では実際に別れさせ屋が結婚をしている人をターゲットにして工作を行うことはあるのでしょうか。

■社会的妥当性によって判断される

別れさせ屋が結婚している人をターゲットにした依頼を受けるかどうかは、社会的妥当性によって変わってきます。
例えば、すでに夫婦関係が破綻しており不倫相手にも離婚の意思がある、という場合や、夫婦間に子供がいない状況で愛人が妊娠した、という場合など、結婚関係を続けることに妥当性が低い場合は依頼を受けてもらえる可能性は高いです。
逆に、愛人が一方的に離婚を望んでいたり、不倫相手に復讐をしたい、などの理由の場合はまず断られると思いましょう。怨恨による工作は、公序良俗に反する可能性が高く、不利益になるためきちんとした別れさせ屋であればそのような工作を行いたくないためです。

■どのように結婚生活を終わらせるのか

では依頼を受けた場合、別れさせ屋はどのようにしてターゲットの結婚生活を終わらせるのでしょうか。ハニートラップを仕掛けたり、浮気を密告するなどのイメージを持っている人が多いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。それは単に浮気だけでは離婚の理由になりにくいからです。
普通の恋人同士とちがい、夫婦が別れるとなると、慰謝料の問題や親権問題などが発生してきます。また経済的な結びつきもあります。これらのさまざまな問題から、相手の浮気は知っていても離婚はしない、という夫婦も現実には多く存在します。
別れさせ屋はまずその夫婦がどういう結びつきで成り立っているのか、一番ダメージを与えることのできる要素はどこなのかを徹底的に調べ、工作を決めていきます。さらに性格によっても、どういうアプローチが有効化は異なってくるので、必ずしもこの工作とは言えないのです。

しかし自分が別れさせたいと思っている理由に社会的妥当性があるかどうかは自分ではなかなか判断しにくいものですよね。愛人という立場であっても、本気で好きになって結婚を夢見た相手をあきらめるというのは難しいことでしょう。一度別れさせ屋に相談し、客観的な意見をもらってみるのもいいでしょう。