別れさせ屋が離婚させるための方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋が離婚させるための方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋が離婚させるための方法愛ダホフェアー

■離婚させるにはどんな方法を行うの?

不倫相手を離婚させたくて、別れさせ屋に相談に来る方は多いです。
離婚させるための方法として多いのが、離婚させたい対象者の1人に、異性の工作員を引き合わせる方法です。
対象者が工作員に対して恋愛感情を抱かせて、浮気や不倫の関係に発展させ、離婚に追い込んでいくのです。

ただ、別れさせ屋によっては、案件の状況から、接触させるのは異性の工作員ではなく同性の工作員の場合もあります。
人の心理を利用するなら、異性を近づけて心を動かした方が離婚に導きやすいと思いますが、同性の方が警戒せずに接触しやすく、心を操りやすいと考えられるからです。

■不倫略奪のために離婚させたい場合

離婚させる方法は、同性の工作員を接触させる方法もありますが、不倫略奪を望んでいる場合は、やはり、異性の工作員と親密な関係にさせる方法が有効でしょう。
夫婦の仲が良く円満に見える場合でも、生まれ育った環境は違う他人なので、結婚生活を続けられない原因が生じれば、離婚となることもあるのです。
どんなに愛し合って結婚した夫婦でも、長年結婚生活を続けると、恋愛感情は薄れ別の情へと変わっていくことが多いです。

それでも、人は“男性”“女性”という気持ちは、心の奥でも必ず存在しているので、淡々とした生活の中に、異性として見てくれる素敵な人物が現れたら、心がときめいて眠っていた感情が湧いてくるはずです。
そして、その人を求めるようになり、浮気や不倫の関係へと発展して止められなくなり、夫婦生活を送ることが難しくなることがよくあるのです。

そのため、離婚させて不倫略奪を望む場合は、対象の夫婦の1人と異性の工作員が親密な関係を築かせる工作の方が効果があるでしょう。
対象者は工作員との関係と、恋愛感情がなくなってしまった配偶者との変わらない生活と、どちらが自分にとって幸せかを考えるようになり、離婚を選べば工作はスムーズに進みます。

■離婚をする意思がない場合

しかし、対象者によっては、配偶者とは離婚せずに、工作員との関係を続けていきたいという人もいるでしょう。
そのような場合は、工作員との深い関係を配偶者にバラす工作を行っていき、隠していた事実が明るみに出れば、離婚を考えるようになるはずです。
また、状況によっては、身内や周囲の人を利用した工作を行うこともあります。

不倫相手の夫婦を離婚させて、自分だけを見てほしいと望んでいるのなら、別れさせ屋に相談してみると、明るい未来に繋がるかもしれません。