「格安費用の別れさせ屋は要注意」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「格安費用の別れさせ屋は要注意」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「格安費用の別れさせ屋は要注意」愛ダホフェアー

インターネットの発達により、消費者はより賢くなりました。ものを購入するにも、まずはネットで情報を集め、相場の価格はいくらなのか、もっと安いところはないのかすぐに調べます。だから、今は商品者の目を引くため、格安という言葉が市場にかなり出回ることになりました。別れさせ屋の中にも、格安、低料金などを前面に出してアピールしているところがあります。でも、そういった業者は危ない可能性があるのです。

<別れさせ屋の工作にはお金がかかる>
まず大前提として知っておきたいのは、別れさせ屋は非常にお金のかかる仕事だということです。例えば、別れさせ屋に依頼して、1カ月やそこらでターゲットを別れさせることなんてできません。少なくても、3カ月から半年は必要となることがほとんどです。その間に、調査員を続けたり、工作員を雇うなど、かなりの人件費と経費がかかります。だから、依頼人としては、数百万円のお金は用意しておくべきなのです。にも関わらず、例えば数万円でできますといったり、本来の相場の半分近くのお金でできます、といった企業は、ちょっと怪しんだ方がよいでしょう。

もちろん、企業努力を行い、無駄な費用を削減して安く提供しているところもあります。でも、格安を謳っているところは、人件費を削るために、調査員や工作員の数が極端に少なかったり、実動回数も他社と比べて少なくしている可能性が高いです。中には、契約金だけもらって、何もしないという、詐欺グループもいるかもしれません。詐欺に遭わないように、料金だけを診るのではなく、その費用で何をしてくれるのか、プランの詳細を確認するようにしましょう。余裕があれば、他社ともしっかりと比較をし、実動回数や契約期間なども含めて比較すれば、妥当な費用なのかどうか判断できるようになります。安いとつい飛びつきたくなる気持ちも分かりますが、別れさせ屋に関しては危険です。

格安といっても、数十万円は当り前の世界です。中途半端に安い費用を払って、その結果何の成果も得られなかったら元も子もありません。ちょっと高くても、しっかりと実動してくれる企業を選ぶ方が賢明です。