「別れさせ屋を使って法的に認められる離婚をするには」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「別れさせ屋を使って法的に認められる離婚をするには」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「別れさせ屋を使って法的に認められる離婚をするには」愛ダホフェアー

結婚している人は簡単に離婚をすることができません。結婚は制度であり、契約でもあります。カップルが喧嘩をして別れるといった軽い話ではありません。お互いの責任が問われる非常に重い問題なのです。別れさせ屋は、人と人とを別れさせる仕事ですが、そんな彼らでも離婚をさせるということは非常に難しいです。なぜなら、離婚するためには法的な理由が必要とされるからです。

<離婚が認められる5つの理由とは>
法的に認められる離婚の理由は、主に五つあります。「不貞行為」「悪意の遺棄」「3年以上の生死不明」「回復見込みがない強度の精神病」そして「婚姻を継続しがたい重大な事由」です。この中の、3年以上の生死不明と、強度の精神病は、ある意味仕方がありません。どちらかに落ち度があるわけではありませんので、離婚もやむを得ないと判断されます。ただ、不貞行為、悪意の遺棄は、明らかにどちらかに責任があることなので、法的に離婚が認められるケースになります。不貞行為とは、もちろん浮気のことです。

悪意の遺棄は、簡単に言うと、家族や配偶者を放置し、好き勝手やることです。これらは、完全に相手側の落ち度になりますので、離婚をすることはさほど難しくありません。婚姻を継続しがたい重大な事由はちょっと曖昧で分かりにくいのですが、最近では、モラハラという言葉が使われるようになったので、それをイメージすると分かりやすいでしょう。相手を尊重せずに苦しめるなど、外から見ても耐えがたい目に遭っている人には、離婚やむなしと裁判所で判断されることがあります。別れさせ屋を使って離婚の成立にもっていくためには、5つの理由のうち、不貞行為が一番多いでしょう。よくあるのが、ターゲットに異性の工作員を近付け、親密になり浮気を誘惑することです。そして証拠の写真を撮り、法的な離婚へと薦めていく手法です。

それ以外の理由に関しては、別れさせ屋が介入して起こることではないため、難しいです。別れさせ屋を使った離婚をするためには、相手に不貞行為をさせる方法が一番手っ取り早いです。とはいえ、それをするためには、綿密な下調べと計画、そして工作員による誘惑など、周到な準備が必要であり、簡単にできることではありません。