「別れさせ屋で工作に成功しても、その後結婚できるとは限らない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「別れさせ屋で工作に成功しても、その後結婚できるとは限らない」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「別れさせ屋で工作に成功しても、その後結婚できるとは限らない」愛ダホフェアー

別れさせ屋に寄せられる依頼の中に、浮気をされている方がいらっしゃいます。浮気をしている相手に離婚してもらい、自分と結婚するようにしてほしいといった希望です。でも、仮に別れさせ屋の工作に成功したからといって、その後意中の相手と結婚できるとは限りません。

<不倫は交錯しやすい>
あくまで行うことは、ターゲットを別れさせることです。もちろん不倫ということであればターゲットは結婚していることになりますから、離婚してもらう必要があります。本来は、外部の力によって夫婦関係を壊してしまうことはよくありません。でも、浮気をしているとなれば話は別です。その時点で、夫婦間には亀裂が入っておりますし、浮気をしている時点でその人に不届きな点があります。だから、別れさせ屋としても、依頼があれば工作をすることは厭わないのです。

<別れた後の責任は負えない>
ただし、別れた後に何が起きるかといったことまでは責任はとれません。もちろん、離婚した後に依頼人の方と結ばれるのであれば、本来の目的を果たしたことになり、良い結果とはなります。ただ、人と人を結びつける仕事ではないため、離婚したあとは自力でやるしかありません。もしかしたら、ターゲットが別の人と再婚してしまうかもしれないですし、浮気相手とも別れようとするかもしれません。本来の目的を達成できるかどうか保証ができないことに対して、100万円、いや200万円近いお金を払うことになります。だからこそ、依頼をする前に、冷静に慎重に考えてもらう必要があります。相談を受けた業者も、工作に成功したからといって依頼人が幸せになる見込みがないのであれば、できる限り断ろうとします。

あくまで大事なのは、別れさせることによって本当に依頼人が満たされるかどうかです。どうなることが一番の幸せなのか、時に一緒に考え、時にアドバイスを送る、別れさせ屋は相談屋でもあります。人の気持ちは難しいです。簡単にコントロールできるものではありませんし、一日でガラっと変わってしまうことがあります。意中の人を別れさせたとしても、その人の気持ちを掌握できたわけではありません。そういったことを踏まえて、別れさせるかどうかを考えましょう。