「交際相手が既婚者だった場合に別れさせ屋に相談」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「交際相手が既婚者だった場合に別れさせ屋に相談」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「交際相手が既婚者だった場合に別れさせ屋に相談」愛ダホフェアー

ずっと交際してきた相手が実は既婚者だったということも最近ではあるようです。自分は不倫をしているつもりではなく、普通に交際していつかは結婚ということも考えて交際してきたのにもかかわらず、結婚してきたことを知ると裏切られたと思い別れを選ぶ人もいるでしょう。しかし、既婚者とわかったとしてもやはり好きな気持ちは消すことができず、交際相手とその配偶者をわからせたいという気持ちが高まるかもしれません。

・交際相手が既婚者だった場合
独身であると告げられていたのにもかかわらず実際には既婚者だった場合には、心もズタズタになりますし、その人と過ごした時間も無駄になったような気持ちがしてしまうかもしれません。独身とウソを疲れていた場合には、別れを選ぶ際に慰謝料を求めることも出来ます。しかし、既婚者とわかった上でそれでも交際を続けるという決定をしてしまうと、もしも相手方の配偶者にそれがバレると不倫相手として慰謝料を請求される側になってしまうのです。既婚者と分かっていても彼と別れたくないし、結婚がしたい。それでも慰謝料は払いたくないと思う人もいるでしょう。そこで自分が損することなく、彼や彼女が自分のものとなるために、別れさせ屋に相談する事ができるでしょう。

・別れさせ屋に状況を説明する
交際相手を別れさせ屋に知ってもらうために、まずは自分に起こった事情について話しましょう。交際相手が「独身だ」というのは少なからず「この人に好かれたい」と思っているからであり、言い出せなかったのも「失いたくない」と思っていたからでしょう。そのため、まずは交際相手とその配偶者との関係性を探ってもらいましょう。また夫婦としての関係を終わらせることができる可能性があるのかどうかも大事になってきます。相手に離婚する気持ちはあるのか、依頼者と結婚する気はあるのかも大事になってきます。もしも好きな人と一緒にずっといたいと思うのであれば、別れさせ屋に頼んで交際相手を完全に自分のものにできるようにサポートしてもらいましょう。