「どうしても離婚して欲しいときには別れさせ屋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「どうしても離婚して欲しいときには別れさせ屋」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「どうしても離婚して欲しいときには別れさせ屋」愛ダホフェアー

ずっと不倫相手として彼と長く付き合っているけど、やっぱり本命の妻になりたいと思うのは不倫相手の女性が抱く普通の感情と言えるでしょう。「もう別れるっていった?」「離婚はいつしてくれるの?」なんていう質問を会う度に投げかけると、男性としても重荷に感じてしまいます。

・不倫相手が妻に勝っている点とは相手が離婚してくれるために自分がまずは冷静になる必要があります。不倫相手として勝っている点には、男性と不倫相手の間には恋愛関係が存在します。不倫という関係性での刺激や、恋人のように一緒にいて楽しいとかウキウキした気分は夫婦関係内ではすでに薄れていっているでしょう。しかし、妻が不倫相手に勝っている点には、人生と生活のパートナーということがあります。

恋愛という感情はすでにないかもしれませんが、妻という立場では信頼関係や親としての関係、また癒やしなどは結婚生活によって時間を掛けて築いてきたもののため不倫相手の女性にはその点は勝てないでしょう。

・それでも離婚して欲しい不倫相手としてどうしても我慢できなくなって男性も中々決断してくれない時には、別れさせ屋に離婚について相談してみると良いかもしれません。別れさせ屋は離婚させるにあたり、どのように不倫相手としてどのような振る舞いをすれば良いのかもアドバイスをくれます。妻が持っている信頼関係や癒やしなどを男性に与えることで、不倫相手から家庭を作りだし「居心地がいい」と思わせるのです。

もう一つの家庭をつくることで男性の心を支えているのが、妻ではなく不倫相手の方だと思わせ、妻の役目を徐々に奪っていくようにするのです。またあまり薦められてはいないようですが、子供を作ることを提案する別れさせ屋もいるようです。そのように責任をもたせることで、男性に離婚させるように促すのです。別れさせ屋に離婚させてもらうためには自分のリスクをちゃんと理解する必要があります。人の結婚生活を破綻させるわけですから、それなりの費用を用意することや覚悟する必要があるのです。