「子供の結婚を壊すのを別れさせ屋に依頼する」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「子供の結婚を壊すのを別れさせ屋に依頼する」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「子供の結婚を壊すのを別れさせ屋に依頼する」愛ダホフェアー

親としては自分の子供にできるだけ親から見て良い条件の人と結婚してほしいと思うのは当然のことでしょう。しかし、子供が選ぶ相手が思いもよらない人であるということもよくあるものです。・親が子供の結婚相手になってほしくないタイプとは異性に対する見方や人に対する見方は人それぞれなので一概には言えませんが、親が結婚してほしくないと思うタイプの人にあまりにも年の離れた相手があげられるかもしれません。

10歳や15歳位ならまだ許せる所も20歳、30歳以上になると結婚相手が親とあまり変わらない年齢、もしくは親よりも年上ということも考えられます。また見た目から素行の悪さを感じさせる人もいるでしょう。タトゥーやピアス、茶髪などなど親としては見た目で「結婚相手になってほしくない」と思うかもしれません。また離婚歴があったり、子持ちであったり、借金があったりなど理由は様々です。

・反対しても効果がない時は結婚相手がどうしても受け入れられないと思う場合に親は反対するでしょう。しかし、そのような反対が二人の関係をさらに強くして結婚の意志を固める理由になるのです。どうしても結婚すると言って聞かない子供の前に親は頭を抱えるかと思いますが、子供がどれだけ意志が固くてもどうしても結婚させたくない場合には別れさせ屋への相談ができるでしょう。別れさせ屋は結婚に至ることのないように自然な形で対象者に接触し、状況を変えていきます。

実際に一時的な感情の高ぶりで結婚したいと言っている場合も多いため、状況によっては簡単に別れさせることもできます。もしも二人の思いが強く、駆け落ちも考えているような場合には時間が掛かったり、緻密に計画を立てなければいけませんが、素人がやみくもに反対して結婚をやめさせようとするよりは効果的に別れさせることができるでしょう。別れさせるためには別れさせ屋が子供に接触するのか、または子供が結婚したい相手に接触するのかはまずは調査の必要があります。そのためにも相手側の情報をできるだけ収集できれば、実行に移すのも早くなるでしょう。