別れさせ屋の費用はなぜ高い?高額な依頼料の裏事情とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の費用はなぜ高い?高額な依頼料の裏事情とは
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の費用はなぜ高い?高額な依頼料の裏事情とは愛ダホフェアー

別れさせ屋は、なかなか解消されない結婚関係や交際関係などをなんとかしてくれる業者として知られていますが、その一方で、その依頼料は非常に高額なことで知られています。 10万、20万くらいだったらそれほど驚かれたりはしないかもしれませんが、50万円から100万円くらいかかるのがざらと言いますから驚きです。依頼をするには、事前にある程度の情報を揃えるのも必要かもしれませんが、何よりも「まとまった費用」と用意するのに一苦労となります。

しかし、探偵業の一種でもある別れさせ屋の業務になぜそれほどの費用がかかるのでしょうか。業者の側からすれば「これくらいかかるのは当然のこと」という認識になるわけですが、初めて依頼をする人からすれば「なんで?」となるでしょう。 ここでは、そのあたりの仕組みについて解説したいと思います。連絡先一つでも一苦労。別れさせ工作は意外と大変 別れさせ屋に支払う料金の多くは、人件費はもちろんですが実際に行う調査や「別れさせ工作」と呼ばれる離縁のための工作に必要となる経費だと言えます。

この工作で実際に何をするのかはケース・バイ・ケースとなるわけですが、大抵の事例にあてはまるのは、連絡先を手に入れたり、そのための出会いの機会をセッティングしたりと言った地道な活動があるでしょう。この中で、色々な所に移動したりイベントに出席したりと、まずは工作対象と知り合うまでに一苦労。そこから定期的に連絡をとって、仕事が無い日にご飯を食べに行ったりと、何かと「工作」にお金が細かく積み重なっていくわけです。そこで変に出費をケチって工作がうまくいかなくなっては元も子もありませんから、業者としても必要経費として積み重ねていくしかないというのがほとんどのようです。

しかもその期間は短いものではなく、年単位で工作を行うというケースもままあります。工作員もそれで生活を立てているわけですから、このくらいの費用がどうしても必要となるわけです。 結果、上述したような「大金」となってしまうことが多いようです。これで成功が保障されないわけですから、依頼した側からすれば「何をこんなことに」と思うかもしれません。しかしながら、ここで行ってくれる各種の工作は、素人ではなかなかできない類いのものであることもまた事実なので、一考する価値がまったくないというわけでもないでしょう。