別れさせ屋も今は価格競争の時代。事業所はしっかり選んで費用を抑えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋も今は価格競争の時代。事業所はしっかり選んで費用を抑えよう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋も今は価格競争の時代。事業所はしっかり選んで費用を抑えよう愛ダホフェアー

別れさせ屋とは、ターゲットを恋人や配偶者、または不倫相手浮気相手と別れさせることをなりわいとする人たちのことです。話だけを聞くとなかなかマニアックな仕事のように思えますが、ドラマ化されたり、雑誌に掲載されたりとメディアへの露出も増えてきて認知度もあがってきました。当然依頼する人の人数も増えてきており、需要と供給のバランスをとるために、ネットで検索するだけでも数多くの別れさせ屋を見つけることができるようになってきました。別れさせ屋でかかる費用さて、別れさせ屋を依頼する際に気になるのがその費用です。場合によっては数人の工作員が数週間、数か月にわって工作活動を行う別れさせ屋は当然安くはない費用が発生してしまいます。100万円や200万円の出費は覚悟をしなくてはなりませんが、最近では別れさせ屋も価格競争に突入しています。通常依頼した場合、まずは着手金というものがかかります。これは別れさせ屋が活動を開始するにあたってかかる費用のことです。ターゲットの周辺調査や工作活動にあてられます。そして工作が終了した際にかかるのが成功報酬です。

これら着手金と成功報酬を足すと前述のような金額になるのです。もちろん場合によってはそれ以上になります。最近はパック料金もそのような高い費用を支払うことはできない、という人も多くいます。そのような人にとって敷居を低くするためにパック料金を設定している業者も増えてきました。例えば「4日間の活動で60万円」というパックです。4日間の間だけ工作員が活動し、60万円ポッキリで金額を設定しているのです。工作が成功しても失敗してもそれだけの支払いはしなくてはなりませんが、もしうまくこの4日間で成功すれば、通常で申し込んだ場合の着手金と成功報酬の金額よりはかなり安く抑えることができます。また、「一回ずつの工作」という方法もあります。一回4時間の工作員の活動を5万円で買うことができる、というものです。ほんのちょっとだけ工作員に手伝ってほしいときなどはこのコースが非常にお得ですね。インターネットを利用して別れさせ屋を探してみたら、数多くのサービスを見つけることができます。状況は用意できる費用と照らし合わせて自分にあった業者を探してみましょう。