結婚に失敗してしまった……別れさせ屋で有利な離婚

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚に失敗してしまった……別れさせ屋で有利な離婚
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚に失敗してしまった……別れさせ屋で有利な離婚愛ダホフェアー

最近では結婚は人生に一度だけの決断、という風潮ではなくなってきました。結婚した後でわかる相手の癖だったり、借金だったり、性格だったり……一緒に暮らしていくにはどうしても我慢ができないようなことだってあります。そんなときは「離婚」という方法を選ぶ方が以前に比べとても多くなったものです。でも簡単に離婚ができない場合もあります。例えば、もし子供がいる場合、離婚した後どうしても自分に親権がほしい。でも自分で作ってしまった多大な借金があり、自分が親権を獲得するのは多分難しい……とか、離婚した場合ほとんどの場合親権は女性にうつってしまうので男性としては離婚を切り出しにくい、とか、場合によっては配偶者からの暴力がこわくてとてもじゃないけど別れを切り出す勇気がない……などです。そのような場合、別れさせ屋に依頼することで自然に離婚することができます。自分にとって有利な状況を作ればいい離婚の協議をする際は、とにかく自分が優位に立つことが絶対条件ですね。

多くの場合離婚の際はお互いがお互いに対して思うことはあっても、双方からの水掛け論の間に弁護士等が割って入って調整して終わり、というパターンがほとんどであり、具体的に「こっちが悪い」「あっちが正しい」というような明らかな決着をつけるパターンはなかなかありません。しかし浮気の状況証拠などがあれば話は変わってきます。工作員によるハニートラップ俗に言うハニートラップをかけることで状況証拠を集めていきます。ターゲットが男性であるならば女性の、女性であるならば男性の工作員を接近させ、たくみな心理術やコミュニケーション術を使用することで親しい仲になり、恋愛関係に持ち込んでいきます。二人で食事をしている風景などを写真に収めたり、その場面に偶然依頼者が遭遇するようにセッティングすることで優位な立場を作っていくのです。離婚工作はある意味楽な部分もある例えばカップルがまだ恋愛関係にあるのであれば、「別れた」とはっきり定義するのは難しいものです。「付き合う」という行為は契約関係で成り立っているものではないからです。しかし結婚は書面に基づいた契約関係であり、離婚届に印を押すまでが仕事である、と明確になっています。この部分はある意味わかりやすいのです。