まだ交際中の二人を別れさせることは「別れさせ屋」にとっては簡単?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - まだ交際中の二人を別れさせることは「別れさせ屋」にとっては簡単?!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
まだ交際中の二人を別れさせることは「別れさせ屋」にとっては簡単?!愛ダホフェアー

別れさせ屋の仕事はその名のとおり、現在婚姻関係にある、もしくは交際中であるカップルを別れさせることです。そんな仕事を依頼する人間には様々な事情があります。元恋人を現在の恋人、もしくは配偶者から奪い返したい人であったり、家庭内暴力だったり、家にお金を入れない夫から自分の友人や娘を取り返したい人だったり、はたまた、玉のこしに乗りそうな知人を許すことができない若干自分勝手な依頼者だったり……様々です。達成が困難な依頼だったとしても別れさせ屋は計画を入念に練りこみ、成功に向けて着々と計画をすすめていくものですが、やはり既婚者を別れさせる方が、恋人関係にある二人を別れさせる方が簡単なのでしょうか。結婚とはある意味契約の一つの形である交際とは、本人たちの「口約束」のようなもので成立しているものですが、結婚とは法にのっとった契約関係です。一度婚姻関係を結んだ以上は、交際していたころのように「別れよう」の一言で終わることができるほどお手軽なものではありません。海外では離婚に対してそこまで重く考えるような文化はありませんが、日本ではまだまだ離婚イコールマイナスイメージといった印象が強いのも事実です。

夫婦間に多少のすれ違いがあったとしても簡単に離婚になったりはしないものです。ではやはり、交際中の二人を別れさせるよりも婚姻関係にある二人を別れさせる方が難しいのでしょうか。婚姻関係と交際関係どちらを別れさせる方が難しいかはある意味当事者の性格や背景によるところが大きいものです。女性工作員をターゲットに近づけ、親密な関係を作り、その写真を妻に見せればどのような反応が返ってくるでしょうか。たとえばホテルに入ろうとするような写真を見た場合「別れましょう」とすぐに切り出してくるような人もいれば、「このまま別れたらあなたがこの女と楽しく過ごすことになるだけだから絶対に別れない」といってくるような人もいます。どちらが簡単かは結局当事者次第であって割り切れるものではないのです。ただ、交際関係の場合は付き合いだすのも別れるもの口頭による約束がほとんどなので、境界があいまいですが、婚姻関係の場合は書面による契約なので、別れる際もその書面にサインが書かれているかどうか、という簡潔な判断方法があることも特筆すべき点ですね。