自分自身が離婚をするために別れさせ屋を利用したい

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自分自身が離婚をするために別れさせ屋を利用したい
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
自分自身が離婚をするために別れさせ屋を利用したい愛ダホフェアー

世の中には、自分自身の結婚に対して後悔の念を持っている人がたくさんいます。勢いで結婚してしまったり、できちゃった結婚だったり、はたまた結婚した後、配偶者の性格が急に変わって家庭内暴力をふるうようになったとか……でも、離婚を切り出しても全く相手にされなかったり、怖くて離婚なんて言葉を言うことすらできなかったり……色々な人が様々な悩みを離婚に対して抱えています。別れさせ屋を頼ってみる別れさせ屋とは婚姻関係にある二人や、恋人同士の二人を別れさせることを業務としている人達のことです。ターゲットに対して人間関係を構築して近づいていき、様々な方法を利用して離別に誘導していきます。方法としては異性の工作員を近づけ、親密な人間関係を作って離婚を迫ったりすることもありますが、同性の工作員が友人関係を構築し、相談にのるというスタンスで心理的な誘導を行い、離婚の決断に導いていくような方法もあります。場合によっては夫婦(を装った工作員)がターゲット夫婦に近づいていき、家族同士の関係を作った後で離婚へ気持ちを動かしていくように行動していく、といった方法を採ります。

夫婦のどちらかが依頼人である、ということ通常、別れさせ屋に依頼してくるのは、不倫相手がなかなか配偶者と離婚しないことに悩んでいる人であったり、昔の恋人とよりを戻したいと思っている人だったりします。この場合カップルの両社ともに対してアプローチをかけていく必要がありますが、上記のように、依頼人がカップルのどちらかである場合は、計画は比較的すすめやすいと言えます。ターゲットの行動や言動を逐一確認しながら計画をすすめることができますし、依頼者に代弁させることでターゲットの動きをある程度コントロールすることもできます。もちろん計画が進めやすいからといって成功率が極端に上がるわけではありません。ターゲットの性格や背景によって進捗状況は常に変化していきます。幸せをつかむために婚姻関係というのは、誰かと常に一緒にいる、という契約のことです。自分にとって苦痛の契約が続いており、その契約を破棄することがなかなかできないのであれば、プロにお願いすることもいいのではないでしょうか。